指示代名詞

指示代名詞は物事を指示するのため使われるのです: 

物事は近いにあったらэтот, эта, это, эти, (これ、それ、あれ)と言う代名詞を使いなさい。 
物事は遠いなら тот, та, то, те (この、その、あの)と言う代名詞を使いなさい。 

指示代名詞は名詞と性別形、数形、格で使われています。
指示代名詞は形容詞のように変化しています。

物事 代名詞 近いの物事を表している指示代名詞 遠いの物事を表している指示代名詞
стол (男性形) он ЭТОТ (この)
этот стол красивый.(この机は美しいです)
ТОТ (あの)
тот стол лучше этого(あの机はこの机よりいいです)
ручка (女性形) она ЭТА (この)
эта ручка не пишет(このペンは働かない)
ТА (あの)
та ручка мне больше нравится(あのぺんはこのより好きです)
окно (中性形) оно ЭТО (この)
это окно грязное(この窓が汚い)
ТО (あの)
то окно не помыто(あの窓は漱ぐられたことはない)
дома (多数形) они ЭТИ (この)
эти дома дорогие(この家が高い)
ТЕ (あの)
те дома принадлежат мне(あの家は私のです)


破格:«Кто это?»(誰か?), «Что это?»(何か?)と言う質問で回答で ЭТОと言う言葉は性別形と数形を変わりません。
 


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます