-ТО, -НИБУДЬ, -ЛИБО, КОЕ- という助詞の違いは何ですか?

Кто-то зашёл в магазин. 
誰かがお店に入りました。
Кто-нибудь хочет есть? 
誰かが食べたいですか。
Если кто-либо не согласен, просим подписать этот документ. 
もし、誰かが同意しない場合、この文書にご署名ください。 
Мы кое с кем должны встретиться. 
私達は誰かと会う必要があります。

用法: 
1.
–ТО: どこで、誰が、何をしたということを覚えてない、または分からない場合。  
例: Я где-то тебя уже видела. どこかであなたを見たことがあります。(しかし、正確な場所がわからない。またはどこで見たか覚えていない。)

2.
–НИБУДЬ: どこで、誰が、何をしたということが重要ではない場合。  
例: Дай мне что-нибудь поесть. 何か食べるものをくれて。(何でも良い、私は気にしない)
- ЛИБО: は "-нибудь" の類義語であり、正式な場面で使用されます。
3.
КОЕ-: どこで、誰が、何をしたということを伝えたくない場合。或いはすぐに伝えたくないが、後に教えてあげる場合。 
例: Я кое-что тебе должен вернуть. 何かが返さなければならない。(返さなければならないものを知っていますが、今は話したくない、あるいは話す時間がありません。)
 

ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます