慈しみ言葉

 ロシア語の特徴が慈しみ言葉の大数です。慈しみ形は特別な助詞の頼り作成されています。知っている通りに、ロシア語に助詞制度はとても複雑です。助詞の頼り感情を表す、鑑賞することが出来ます。その頼りに慈しみ、恋を表すことが出来ます。この記事では慈しみを表す方法が興味になります。

子供と親しい人と話している時慈しみ形を使っています: «сын»(息子)の変わり«сынуля» または «сыночек»(息子ちゃん), «дочь»(娘)の変わり «доченька», «дочурка»(娘ちゃん) 、«маму» (お母さん)«мамуля» または«мамочка»(母)«бабушку»(お祖母さん) - «бабуля» または «бабулечка»(祖母ちゃん)。
 話法で優しさ、慈しみを表すのがとても大切です。

慈しみ形は鑑賞形と関係があります。しかし、鑑賞形は 慈しみ形(кошечка, домик, ключик)も 慇懃無礼形(людишки, царьки, народишко)もあって, この記事では慈しみ形について話します。
 助詞の頼り慈しみ形の作成は鑑賞するのため使われている、感情的な話法に特殊です。以上の通りによって慈しみ形は親しい関係を表すのため使われています。

それでは、慈しみを表す助ける助詞は何ですか。

 -ек と言う助詞
母音は落ちている時使われています。
例えば: орешек – орешка (確認言葉). 確認言葉では е文字が落ちられています。
Сыночек – сыночка (確認言葉). 確認言葉では е文字が落ちられています。
他の例: кусочек – кусочка, веночек – веночка, человечек – человечка, цветочек – цветочка.

ик と言う動詞
 言葉が変わると母音が落ちられません。
例えば: столик – столика (確認言葉), бегемотик – бегемотика, нолик – нолика, обормотик – обормотика, солдатик – солдатика, домик - домика.

-ечк, -еньк と言う助詞
この助詞は柔子音、ヒス音、母音のあと使われています。
例: чашечка, доченька, рученька, маечка, заечка, новенький, книжечка.
この助詞は名前を作成するため使っています。
例: Юлечка, Танечка, Сенечка, Олечка, Сашечка, Сонечка.

-очк, -оньк と言う助詞
他の場合使われている助詞
例: сказочка, глазоньки, тетрадочка, парочка, яблонька.
この助詞も名前の慈しみ形を作成するため使われています。
例: Димочка, Ромочка, Тимочка.

 -ул という助詞
この助詞は名前の慈しみ形を作成のため親戚関係を表すのため使われています。
例: лапатуля, Димуля, сынуля, мамуля, бабуля, дедуля, Машуля, Сашуля.

 慈しみ助詞はアクセントがないのを覚えなければなりません。
例: глАзоньки, дОмик, стОлик, чАшечка.  大きな文字でアクセントのある母音が使われています。
慈しみ言葉はロシア語ではよく使われています。 これは優しさ、恋、慈しみを表すことが助けます。全部の言葉から必要な助詞の頼り慈しみ形が作成されています。
     

 


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます