ロシアの礼節

 ロシア語には同じ意味、違う使い方のある汎用な動詞が二つあります。例に注意しましょう:

1. «ИЗВИНИТЬ». (勘弁する)

誤りが礼儀な気質のある時に使われる言葉です。この言葉の色々な変形が公的なところで使われます、(例:足に踏まれた時)。その表現には主情的な色合いがなくて、義務的に使われます。 «Извините, пожалуйста!»(ちょっと失礼します、すみません)。もっと儀礼な表現は«Приношу свои извинения!»(申し訳ありません)公式な場合で使われています。

2. «ПРОСТИТЬ». (赦す)

親しい人、ともだちとかに友情を願っている時s使われている表現です。例えば、電話することが忘れたとか気に障てしまったとか会見をカンシャルしたとかの場良いに使われます。«Прости(те) меня, пожалуйста!»(ごめんなさい)と言って自分の間違いを認めていると魅せます。大切な事は、その人はもう一回に腐れ内藤言う効果になります。«Прошу прощения!»(申し訳ありません)と言う表現はそれより感情的ではありません。人が誤りのが下手場合に使われます、挨拶して質もするだけです。

 注意:ロシア人にどのように沿道を聞くのですか。その場合には謝りません。挨拶して質問するだけです。

- Здравствуйте ( или Добрый день! )! Скажите, пожалуйста, как пройти до улицы проспект Мира? (こんにちは。ミラ大通はどちらでしょうか)


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます