「Ничё се! Чё делается?! 」ロシア人をどうやって分かるのですか?

その状況を想像しましょう: あなたは外国人のため教科書でロシア語を勉強していて、表現の全部を覚えて文法が理解してロシアに行くことにします。そんな挨拶であって驚くかもしれません:

- Здрасьте! Ты чё правда из Китая? А я вот щас как раз кинчик о нём смотрел, норм такой. Ну чё делать будешь? Я ваще-та в клубак собирался, мож со мной пойти. (おはよう。お前、中国からのが本当だよ?それについて、映画を見たよ。さ、何してる?クラブに行き思ったぜ、行くよ?)

誰かがあなたは外国人だと分かって、文学的なロシア語を使わなければならないと分かります。でも、それにも関わらず準備れたほうが良いです。

だって、その表現はどういう意味でしょうか。その意味が理解できますか。

Здрасьте = どうも. 同じ年齢の他人のため略式な挨拶です。目が掛からないお知り合いと使われてもいいです。略式な挨拶の異体: Здарова! Хэй!

Чё = 何?. ロシアでとても人気な省略です。名状況で使われてもいいです。目上の人と、年頭の他人と使われてはいけません

Ты что, язык проглотил? = Ты чё, язык проглотил? (舌を飲み込んだぜ?)

Что делать будем? = Чё делать будем? (何にしてる?)

Щас = 今。もう一つの人気な省略です。目上の人と話していて «сейчас»が変わっては行けないが、ロシア人はそれもできます。 

Я сейчас приду. = Я щас приду.(今すぐ来る)

Пошли в кино? – Сейчас? = Пошли в кино? – Щас? (映画に行こうかー今のか)

Сейчас я сделаю отчет и перезвоню Вам. = Щас я сделаю отчет и перезвоню Вам. (今すぐレポートを終わって連絡しています。)

Норм = 大丈夫、良い。インタネットの省略です。しかし、多くの人で話法で使われています。絶対、利益式です。

Мне нормально. = Мне норм. (大丈夫ですよ)

Он нормальный парень. = Он норм парень. (いい男の子だ)

Ваще / ваще-та = 一般的、全体的。話法とインタネットで使われている利益式な省略です。異体: вапще, вапще-та。

Я, вообще-то, ей первый написал. = Я, ваще-та, ей первый написал. (一般的に私が彼女に初発だった)

Вообще, я хороший друг. = Ваще, я хороший друг. (一般的にいい友達だよ)

Мож = かも知れない/ 出来る. 友達とお知り合いと話している時使われている話法な省略です。 

Может, я сама пойду? = Мож я сама пойду? (あたしは一人で行ったほうが良いじゃないの)

Можешь со мной ехать. = Мож со мной ехать. (あたしと行く出来る)

もうちょっとだけの利益式な省略:

Ничё = Ничего. (何も)

Се = Себе / Те = Тебе. (あなたに、自分に)

Что тебе надо? = Чё те надо? (何欲しいの?)

Ничего себе! = Ничё се!(ありえない!)


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます