完全相の二重相関

相系列は性別形、外国人にとって最も難しいことです。


- 行為の違い点を表す動詞の文法相系列です。その相系列は名動詞の活用形と不活用形に固有です。動詞の間に不完全形と完全形の動詞があります。不完全形から形成された完全形は相関と言われています。

その形は普通覚えられています。

例:

писать - написать (書く)

читать - прочитать (読む)



ロシア語の完全形の二重相関の暗記に困難があります。完全形の二重相関何でしょうか? 例に注意しましょう: 


"учить" (教える) 「自分の経験を渡す」の意味で  "научить" と言う完全形の二重相関があります。

 "научить"と言う動詞は自動詞で、この行為のオブジェクトが実感的な名詞+四格の二つのオブジェクト(教えられていることを指向している名詞)。



Мама научила меня рисовать. (母は私に描き教えた)この場合で"научила" 完全形は二つのオブジェクトがあります: "меня"(私) (実感的) и "рисовать"(描く) (教えられたこと).



しかし、 "учить" と言う動詞は "запоминать, изучать"の意味で "выучить"(習う)と言う二つの相関があります。

"выучить"と言う動詞は 自動詞で,このオブジェクトは暗記されていることを指向している名詞です。 


Я выучила вчера все новые слова.(私は言葉の全部を暗記したんです。) その例では "выучила"と言う動詞は "все новые слова"と言うオブジェクトがあります。 





 ロシア語を習うときに勉強の名ステージに完全形の二重相関を暗記困難がおこります。この相関を分別するのため違うのコンテクストが使われています。または、練習するの方法はもういいです。

例:

-Вика учила меня рисовать. 

-Как она смогла .......... тебя рисовать?

( "научить" 相関を"передать опыт"の意味でえればなければなりません)



-Ты сделала вчера все уроки?

-Да, я смогла ........ все новые слова.

( "выучить" 相関を "запомнить"の意味で選ばなければなりません)


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます