ロシア語の両性名詞

 

ロシア語での名刺はどんな性別ですか。男性、中性、女性と答えて正しいです。でも、ロシア語では人間を呼称しています。その言葉は-а、-я文字で終わります。自分の性別を変わることが出来なす。この言葉の性別は男とか女とかを表示していることによって違います。それのだからその言葉が両性の言葉と呼ばれています。例えば«сирота»(遺孤)と言う言葉です。遺孤と言うのは両親が亡くなった子供です。«Антон – круглый сирота»「アントン君は遺孤」つまり、アントン君は両親がないと言うことです。その他«Лена – круглая сирота»「レーナちゃんは遺孤」と言うことです。第一の文章に«сирота»と言う言葉は男性で男の子を表示しているのです。それのだから«круглый»と言う形容詞を男性として使われています。第二の文章で女の子について話しているのだから«сирота»と«круглая»と言う言葉を女性で使われます。

невЕжа – 未教育な人невЕжда (不束者) – 大雑把な人、相貌な人нерЯха (だらしないな人)– 粗略な人обжОра (食いしん坊) – 沢山食べている人Умница – 賢いな人、良いな人


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます