-ёнок 、 -онок と言う名詞の語尾

子猫は何でしょうか。小さい猫、猫の子供です。"Кот" と "котёнок"と言う言葉を比べたら 二番目の言葉は -ёнокと言う語尾があります。この語尾の頼り動物の子供の名前が作られています。(-онокと言う語尾も使われています。)

見てみましょう:

Лиса - лисёнок.(狐ー狐子) Слон - слонёнок.(象ー象子) Утка - утёнок.(家鴨ー家鴨子) Коза - козлёнок.(山羊-山羊子)

Ч, ж, шの文字の後 мы -онокと書いているのが-ёнокと発表しています。

Белка - бельчонок.(栗鼠ー栗鼠子) Ёж - ежонок(針鼠ー針鼠子) Мышь - мышонок.(鼠ー鼠子)

でも、このルールに特性があります。

1. ある言葉は違うの語根から-ёнок/-онокと言う語尾の頼りに使われています。例えば;человек - ребёнок. (人ー子供)Лошадь - жеребёнок.(馬-駒) Свинья - поросёнок.(豚ー子豚)。

2.  違うの語尾の頼り作られています。例えば; собака - щенок.(犬ー子犬)

3. あるの言葉から子供の名前が作られない。 その場合は: жираф - детёныш жирафа. (キリンーキリンの子)


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます