ロシア語を聞いて理解する方法を学びましょう。

 外国語で映画を見ているが、俳優たちの言うことを理解できないという状況に陥ったことがありませんか。長い時間にわたって、教科書を持ってロシア語を勉強したにもかかわらず、ニュースアナウンサーのロシア語は鳥の鳴りのように聞こえて、何とかの一般的な意味を理解するため、必死にアナウンサーのジェスチャーや絵を覗きしようとしていたことがあるでしょう。

 心配しないでください。あなたは一人ではありません。しかし、外国語を母国語として理解できるようになるため、如何すれば良いでしょうか。

 子供たちの母国語の音声を理解することの中心に、いわゆる情報認識のメカニズムがあります。例えば、ある男性は自分の子供時代を思い出したとき、「インターナショナル」という歌の「人類が立ち上がる」という歌詞が「多量のプリャーニキを人類へ」として聞こえて、長年にわたって間違いがないと確信していたと語りました。または、女の子は思い惑わずに「コザック、泣かないで、アタマンになるよ」という有名なことわざを「ヤギ、泣かないで、お母さんになるよ」として解釈しました。どちらの場合も、見慣れない言葉「立ち上がる」と「アタマン」は子供たちの頭の中に既に保存した類似しており、分かりやすい音声に取替えられました。

 2004年、ニール·バウマンは自分の記事の«Hearing Health» [1] では、脳が外から受信した情報を 解釈して、受信した情報に基づいて音声の錯覚を起こしているということを筆者しました。

 では、耳で言葉の固定した知覚が形成されるため、その言葉を何回聞く必要があるかと考えてみましょう。学校教育を始めたばかりのロシアの子供の語彙が4000ワードであることが知られています。[2] または、女の人は一日中に使う言葉の平均数が 16,000ワードです [3]。 もし、七歳まで母親のそばに育てた子供が母親の単語の半分を聞いていると仮定すれば、学校が始まる前に、子供が度々に既知の言葉のそれぞれの音声が何回も聞こえました (約5000倍)。

 新しく勉強し始めた言語の場合も、脳内の知覚ゾーンを形成するため、言葉を何回も聴取しないといけないです。たとえば、当サイトwww.ruspeach.comにある「動物園で」という会話が [4] 20秒かかります。 それで、当会話に聞こえるロシア語の音声、言葉に慣れて、継続的な効果を得るためには、学習者が14日にわたって熱心に毎日2時間録音を聞く必要があります。このトレーニングの結果として、脳内で小児期に形成された母国語の知覚ゾーンと似ている当会話のロシア語の音声知覚ゾーンが作成されます。

 したがって、外国語を聞いて、理解するようになる方法が見つかりました。なるべく外国語を多く聞くことです。外国語を聞くたびに、注意を逸らさないよう、ビデオを見ないほうが効果的です。(ポッドキャスト・会話がおすすめ [5])。更に、一歩一歩で外国語を慣れるため、我慢してください。外国語があなたの脳に入って、自分なりの場所を見つけるまで時間がかかります。必死な練習の成果とすて、可聴音声は区別しやすくなり、脳によって安定的に、正確に認識されるようになります。

参考文献:

  1. Bauman N. Hearing Health. 2004. Available at http://www.hearinglosshelp.com/articles/mes.htm
  2. http://spo.1september.ru/article.php?ID=200501913
  3. http://abcnews.go.com/Technology/story?id=3348076
  4. http://www.ruspeach.com/ja/dialogues/all_dialogues/zoopark/
  5. http://www.telegraph.co.uk/culture/film/10388099/Can-you-learn-a-language-from-watching-foreign-film...

 


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます