Olena

ロシア語での移動動詞について。パート1

ロシア語を習っているの初めて学習者が、つまりロシア話法を子供のころから聞きなかった者が最初のステージで移動動詞使用問題と際会しています。 

 例えば、英語では移動は(運輸の頼りとかないとか)「to go」と言う動詞で説明されています。しかし,ロシア語ではそんな簡単な解決がありません。以下の通りの行為が自分の動詞があります。(時々二つ) 

では、移動を運輸の頼りのなくて説明するのため使われる動詞のペーアが«идти»(行く) と«ходить»(歩く)と言う動詞です。時々、あるの場合にはそれが英語で«to walk»として翻訳されています。

 そんな場合は何でしょうかと考えてみましょう。

 

 

идти (歩く)
я иду (私が歩いている) мы идём(私たちが歩いている)
ты идёшь(あなたが歩いている) вы идёте(あなたが歩いている)
он (она) идёт  (彼、彼女が歩いている)         они идут(彼らが歩いている)

 

«идти»と言う動詞が使われている場合は:

 

  • この度の単位の行為を説明しています。(過程) Я иду в школу (сейчас). (学校へ歩いているところです。)

  • 予定された単位の行為を説明しています: Завтра я иду в школу.(明日、学校へ歩いています。)

 ロシア語では«идти»と言う動詞の使用秘密はA点からB点まで移動を現れるということです。以下のように描き出されています

 

 

行く
я хожу   (私が歩いている) мы ходим(私たちが行っている)  
ты ходишь (あなたが歩いている) вы ходите (あなたが行っている)
он (она) ходит       (彼、彼女が歩いている)   они ходят (彼らが行っている)

 

 

 «ходить»と言う動詞は, «идти»のように運動を説明するのため使われています。しかし、規則的な行為を説明しています。規則にそんな言葉が指向しています: каждый день(毎日), ежедневно(毎日), каждую неделю(毎週), каждый месяц(毎月), каждый год(毎年), всегда(何時も), часто(よく)。

 

Я хожу в школу каждый день.(毎日学校に行っている)。

 

«ходить» と言う動詞の主な使用特徴は両方の運動を説明しています。 «Я иду в школу»(私が学校へ行きます)と言う文章に私が家から歩いていると言う意味です。 «Я хожу в школу каждый день» (毎日、学校へ行きます)と言う文章で私が毎日の両方の行為をしているという意味です。

運動動詞の正しい使用のためその表現が覚えたほうが良いです 。いつも 「идут」: 雨, 雪, 時間, 手紙.

 

  • Снег идёт весь день. (雪が一日中に降っています。)
  • Осенью часто идет дождь.(秋、雨がよく降っています)
  • Твое письмо идёт ко мне слишком долго.(あなたの手紙がちょっとおもむろに走っています。) 
  • Когда человек занят работой, время идёт быстро.(人間が仕事で忙しくて時間が速く経ています。)

 

次の動詞のペアは運輸での運動を説明しています。その動詞は«ехать» (趣く)и «ездить»(乗る)

 

趣く   乗る
я еду(私が趣いている) мы едем(私たちが趣いている)   я езжу(私が乗っている) мы ездим(私たちが乗っている)
ты едешь(あなたが趣いている) вы едете(あなたが趣いている)   ты ездишь(あなたが乗っている) вы ездите(あなたが乗っている)
он (она) едет        (彼・彼女が趣いている) они едут(彼らが趣いている)                      он (она) ездит   (彼・彼女が乗っている) они ездят(彼らが乗っている)

 

 

この動詞のペーアの使用が«идти» と «ходить»動詞と同じです。それが運輸の頼りのことを覚えてください。(自動車に乗る、自転車に乗る)

 «ехать» と言う動詞が使われる場合は:

 

  • 時下単位の行為を説明しています: Я еду в школу (сейчас)(今、学校に歩いています)。その場合には«ехать»と言う動詞の使用が運動が時下に運輸の頼り行われているという意味です。その他にも、その文章には運輸の色々なタイプを使われてもいいです。 例: «Я еду в школу на автобусе»(学校へバスに乗っていきます)
  • 予定された単位の行為を説明するのため: Завтра я еду в другой город.(明日、隣の町に行きます。)

 

それで、«ехать»と言う動詞の主な使用ルールは A点からB点の運輸の頼りだけ運動を説明していています。そのように描き出すことが出来ます:

 

 

 «ездить»と言う動詞が«ехать»と言う動詞のように運雄の頼りの運動を説明しています。しかし、規則的な単位の行為を説明しています。規則にそんな言葉が指向しています: каждый день(毎日), ежедневно(毎日), каждую неделю(毎週), каждый месяц(毎月), каждый год(毎年), всегда(何時も), часто(よく)。

 

Я езжу в школу каждый день. (毎日、学校に趣いている)

 

«ездить»と言う動詞の使用の主な特徴は両方運動を説明しているということです。«Я еду в школу»と言う文章には今、運輸に乗って学校に行っているという意味があるし、  «Я езжу в школу каждый день»と言う文章に毎日、両方の運動を行うという意味です。

 

 

それで、運動動詞の四タイプを習ってきました。それらの意味は:運輸の頼りのない運動 (идти と ходить) 、運輸の頼り運動(ехать と ездить)。名ペアではA点からB点まで運動 (идти, ехать) と両方運動(ходить, ездить)を説明しています。その他、ロシア語にその動詞は дождь, снег, время и письмаと言う名詞とつかわれています。最後としては、運雄の頼りの運動を現れる際、 НА と言う言葉を使わればいいです。運輸を表れる名詞と使われるのです。(автомобиль (車), автобус (バス), поезд (電車))

бежать (бегать)(走る), лететь (летать)(飛ぶ), плыть (плавать)(泳ぐ)と言う動詞の使用ルールについて知りたいなら次の記事に待ってください。ロシア語でがんばって!


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます