«Уже» と «ещё» - 思っているより簡単

あなたの時期に関しての行為を«уже» と«ещё»と言う二つの副詞の頼り説明されています。その意味は何ですか。どうやって使われていますか。

«Ещё»と言う副詞はそんなことを見せています:

- 行為はいう前にされなかったと言うこと;

- 行為が結果がないと言うこと;

- 終わるはず行為は続けていると言うこと

例:

- Ты идёшь в кино? (映画に行く?)

Ещё нет. Я пойду позже. (また行かない。後で行くよ。)

(«идти в кино»と言う行為はまた始めなかった). 

- Твоя сестра говорит по-английски? (妹は英語が出来ますか。)

Ещё нет. Она только начала учить английский. (まだないですよ。もうすぐだけ英語が勉強始めました。)

(«говорить по-английски»と言う行為に結果がありません).

- Вы обедаете? (昼食をしているの?)

- Нет, мы ещё работаем. (いいえ、まだ働いて居rますね。)

(«работать»と言う行為が続ケている)

«уже»副詞 の意味は:

- 行為が終わりました;

- 結果が至られませんでした;

- 相手の待っているより違う行為が始まりました。.

例:

- Сходи, пожалуйста, в магазин.(お店に行きなさい、お願い)

- Я уже сходил.(もう行ったのよ)

(«сходить в магазин»と言う行為が終わりました)

- Я помню, ты собирал деньги на машину. Ты купил её? (車のため蓄財してたと覚えてるね。買ったの?)

- Да, я уже купил машину. (そう。もう車を買ったんですよ。)

(結果が至られたー車が買われました。).

- Твоя мама работает? (お母さんは仕事してるの?)

- Нет, она уже отдыхает. (いいえ、もう休んでるね。)

(お母さんは仕事を終わって休んでいます。)

 

それは差別です。簡単じゃないですか。でもちょっと色合いがあります。

外国人のためロシア語の教科書には«уже» と«ещё»の差別のための練習があります。しかし、完全状況の文脈がありません。例:

«Ты сейчас работаешь? – Нет, я … отдыхаю». (ー今、仕事してるの?ーいいえ、…休んでるね。)

«У вас есть деньги? – Да, спасибо, … есть». (-お金があるのですかーはい、…あります。)

 あなたはこの文章にどんな副詞を入れたんですか。そこでは選択が二つあります。文脈によって違います。

例1について:

 

  1. 仕事が終わったので私は休んでいます。それでは«уже»が使わなければなりません: «Нет, я не работаю, я уже отдыхаю».(いいえ、仕事しないよ。もう休んでるね。)
  2. ¥仕事がまだはじめなかったまたは、まだ終わらなかったので、休んでいます。それでは、«ещё»が使わなければなりません: «Нет, я не работаю, я ещё отдыхаю».(いいえ、仕事しないよ。まだ休んでいるね。)

 

例2について:

 

  1. 人は私がお金があるのを心配しています。私がお金があるので、そのように答えています: «Да, спасибо, ещё есть».(そう。まだありますよ。ありがとう)
  2. 私がお金がなかったのが、借りてきて、あります。そのように答えています: «Да, спасибо, уже есть». (もうありますよ、ありがとう)

 

この例は質問正しく答えるのために説明されています。


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます