格で変わらない名詞性別形をどのように限定するのか。


ロシア語を勉強し始めたら名詞が格で変わります。
例:
Кто это? (これは誰ですか) - Мама (母)(Именительный падеж)(主格)
Кого нет дома?(誰が家にいないですか)- Мамы(母) (Родительный падеж)(之格)

Кому вы купили подарок? (誰に贈り物を買ったんですか)- Маме(母に) (Дательный падеж)

Кого вы увидели на фото?(写真で誰かを見たんですか) - Маму (母を) (Винительный падеж)(対格)
С кем вы любите разговаривать?(誰かとお話が好きですか) - С мамой (母と)(Творительный падеж)(奪格)
О ком вы часто думаете?(誰かについて思っていますか。) - О маме (母について)(Предложный падеж)

しかし、全部のロシア語の名詞が格で変化しません。格で自分の形が変わらない名詞があります。そんな名詞が不変化だといわれています。

例:
Что это?(これは何?) - авеню (大通り) 
Чего еще нет на карте? (地図では待たないことは何?)- авеню (大通り)
Чему дали новое название?(新しい名前を何がもらったのか) - авеню(大通り)
и т.д.      

不変化名詞が他の言語から来ました。その名詞が性別形もあります。しかし、これを意味で限定されています。 

比べてみましょう:
Учитель (先生) -  л+ь完了のだから男性形。
Гитара(ギター) - -а完了のだから女性形。
Леди(レーヂ) - 女を指向しているのだから女性形です。

不変化名詞性別形をどのように限定しているのか見てみましょう。

1. 男性形

  • 男を指向している言葉: атташе (военный атташе)(商務官), маэстро (известный маэстро).  (巨匠)          
  • 動物を指向している言葉: кенгуру (большой кенгуру)(大きなカンガルー), пони (красивый пони)(美しいポニー). !注意:動物の女について話している女性形を使います。 кенгуру кормила детёныша(カンガルー子供を食らわしています。)
  • 男性形同意語のある言葉: пенальти (удачный пенальти) = удар.   (いいペナルチー)

2. 女性形

  • 女を指向している言葉: леди (красивая леди).(きれいなレーヂ)
  • 女性形同意語のある言葉 (общее с: авеню (новая авеню) = улица.(大通りと同じ)    

3 中性形

  • 一物を指向している言葉(非情名詞): такси (жёлтое такси)(黄色タクーシ), хобби (необычное хобби)(面白い臭味), интервью (короткое интервью).(短いインタビュー)

ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます