名詞の対格: 難しい場合

特例について話している前にルールを覚えましょう。
対格は第四の格です。対格名詞は「何?」と「誰?」と言う質問に答えています。
完了はどのように変わるのか見てみましょう。

非情名詞 実感的名詞
Что это?(これは何ですか)
Что вы любите (покупаете)?(何が好きですか)
これは誰ですか?
誰かが知っていますか。愛しているのですか?

男性形
Это сыр. (これはチーズです。)
Я люблю сыр. (チーズが好きです。)

Это чай.Я люблю чай. 

(これはお茶です。お茶が好きです。)

女性形
Это капуста. 

(これがハボタンです。)
Я покупаю капусту. 

(葉ボタンを買っているところです。)

Это кастрюля. (これが鍋です。)
Я покупаю кастрюлю. (鍋を買っているところです。)


中性形
Это море. (これが海です。)

Я люблю море. (海が好きです)

 

男性形
Это сын. (これが息子です。)
Я люблю сына. (息子を愛している。)

Это учитель. (これが先生です。)
Я знаю учителя. (先生が知っています。)



女性形
Это мама.(これが母です。)
Я люблю маму.(母が愛している)

Это тётя. (これは叔母さんです。)
Я люблю тётю. (叔母さんが好きです。)


これがルールです。督励は以下の通りです。

1. 女性形 -ь名詞は (площадь, вещь, мать, дочь (広場、物、母親、娘)) 対格に変わらない。 Что это? - Это площадь.(これは何ですか。-広場です。)Что вы видели в Москве? - Я видел (а) Красную площадь.(モスクワで何を見てたんですか。-クラスナヤ広場を見たんです。) Кто это? - Это моя мать.(これはどなたですか。ー私のお母さんです。) Кого вы часто вспоминаете? - Мою мать. (どなたをよく覚えていますか。-私のお母さんです。)


2. 人を指向している -а/-я完了実感的な男性形の名詞 (папа (父親), дядя (叔父さん))は女性形名詞のように変わります。. Кто это? - Это мой дядя.(これは何方ですか。-私の叔父さんです。) Кого вы встретили вчера? - Моего дядю. (先、誰に会ったんですか。-私の叔父さんです。)

3.対格では玩具を指向している名詞が変わります。これは人間と動物形のある玩具の名前です。 Что это? - Это кукла (мишка).(これは何でしょう?-人形です。) Что взял ребёнок? - Ребёнок взял куклу (мишку).(子供が何を取ったんですかー人形を取ったんです。)。「誰?」の変わりの「何?」と言う質問がしますとご注意ください。

4. 対格では亡くなった人と非常な実質を指向している名詞が変わります: покойник, вампир (死体、吸血鬼)。どうしてですか? まず、人間系があるからです。 これの頼り、後代の人の生活と希世についての意見を説明できます。 Кто это? - Это вампир. (これは誰ですか。-吸血鬼です。)Кого вы увидели в фильме? - Вампира.(映画でだれを見たんですかー吸血鬼です)
注意! "Труп"(死体) и "зомби" (ゾンビ)と言う言葉は対格に変わりません。

5. "Кальмар"(いか), "краб" (かね)実感的と非情名詞として得分かりできます。状況によって違います。. 例:"Рыбаки поймали огромного краба" 「漁師は金をつかんで来ました。」かねは動物であって実感的名詞として使われています。それでは完了が変わります。. "Я ем крабы" слово "крабы"「かねを食べている」。ここでは食べ物として使われています。それでは非情名詞で完了を変わります。


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます