聞いたことの同じように書くですか?

ロシア語をどのように習うのか分かるのため会話の一つだけを読むのが充分ですか。

孰れの聞こえた音声が音素だと言われています。大人の人が外国語を習っていると新しい音素を聞くのですが、人の記録でそれの影像がないと言うき特別な効果が見えます。それであなたの頭脳が堅実なパソコンのように先に聞こえた音がある記録地帯から適当な音を選びます。「1」あなたの頭脳は聞こえたことの変わりに一番似寄りの音を選ぶのをご注意ください。「目録」に違うのものがなっかたから違うの物を売らびできなかったので自分の「パソコン」を罪しないでください。

 我々は結合されている音素から作られた言葉で話します。言葉が分かるのため、まず、音素を聞かなければなりません。オン層を聞こえるように良く聞き付かなければなりません。赤ん坊が母と音を繰り返さなくて閉口しているだけがそれの理由ではありませんか。2-3か月にわたってだけ音を掛け始めます。子供の最初な音素を母さえ理解できない。子供がまだ自分の声をかんっり出来ないからです。

子供が二歳の時から話し始めます [2].  この時までに子供の頭脳には音素の識別、言葉の組成の制動が生まれます。その言葉を繰り返し始めます。この才能は 母親の言葉とかそばにある保母の言葉とかの聴取の後現れます。「3」 子供が話し始めるの時は二歳です。「2」。子供が起きられている時間によって聞こえた言葉の数量を観察できます。その音数は500万です。その数量を母親の語彙「5」の中位数に除法して話し始める前に子供の日中に聞こえた言葉の数量が中位の500に成ります。それで、繰り返し始める前に聞くべき言葉の数量はその数量です。

 外国語語を勉強していて大人が聴解から読解に移るようにしています。時々留学生が「ロシア語で聞いたことの同じようにかいています」と言う意見で新作されているんです。でも、これは嘘です。ロシア語では音素が四十三です。「6」文字が三十三です。それでは、まず、言葉を聞くのを習って、そのあとだけ書き方を習います。


上記のことを確認できます。«Зоопарк»と言う会話が20秒がかかります「5」http://www.ruspeach.com/ja/dialogues/all_dialogues/zoopark/。それでは、これの音素を覚えるため五百回聞かなければなりません。それは三時間がかかります。ウェブサイトからロードして三時間に聞いい他の後だけ会話のテキストを使って訓練敷いてください。その後聞いたコ千葉と書いた言葉はちょっと違うのを確かめます。ロシア語の見学に第一の大切なステップをしておめでとうございます。

リンク

1.ロシア言葉聞くとか理解とかのをどのように習いますか

2.子供の最初の言葉

3.情勢は男性より沢山しゃべります

4.睡眠時間表

5.語彙

6.音素

7.ロシア文字


ロシア語の学校・教師を見つけることが出来ます。:


翻訳
翻訳 (ru-ja)
ログ―インされた者だけがこのフイチャーを使用できます